*

おススメ保険の選び方

公開日: : 最終更新日:2014/02/06 お勧め保険の選び方 , , ,

お勧めの保険に入っていいの?絶対に必要な保険?

 

最近は多くの保険会社から、さまざまな保険が販売されており、その保険商品の数は優に100を超えます。損害補償から、対人対物、医療保険まで、多岐にわたる保険があります。そんな膨大な保険の中から自分にあった保険を選び出す必要があります。適当に選んでしまうと、高い保険料を払う必要が出てきたりして、保険料の支払いで困ることもしばしばです。実際に筆者も現在の保険料は10,000円を越えますが、自分の中では納得しています。自分に無理なく納得して使える保険を選ぶことが非常に重要になります。それを理解して、自分の家族や身内に不幸なトラブルが起こったときに本当に役に立つ保険を選びましょう。

 

男性にオススメな保険

男性にオススメの保険は、年代によって異なります。

20代男性ですと、シンプルかつ、安い保険で問題ありません。なぜなら、20代の多くは、所帯持ちが少なく、迷惑を掛ける人が非常に少ない傾向があります。筆者も若い頃は、200万の死亡保険をかけ、自分が死んだ時には、後片付けが出来る保険。に絞って契約しました。

 

30代男性の保険は、「所帯持ち」の方が増えるため、3000万~の死亡保障がアル保険をオススメします。なぜ3000万円~かというと、ローンの支払いが一括で済む料金だからです。残された家族に金銭的な負担を掛けることは非常に大変な思いをさせることになります。自分が居なくなった後でも、しっかりと暮らしていけるような保険をかけて行きましょう。

 

 

女性にオススメな保険

女性にオススメな保険の代表格は「女性保険」ずばりこれに限ります。女性の特有の病気に手厚いサポートがある保険必ずこれを選びましょう。当然のことながら、女性特有の病気怪我だけでなく、一般的な怪我や病気だけでなく死亡に関する保障に関してももちろんサポートがあります。

女性は30代を超えてくると女性特有の病気になる確率が高まる傾向にあります。

病気になってからでは入れない保険が殆どで、入れたとしても高額な保険になってしまうことが殆どです。女性保険の認知は最近になり広まってきております。多くの保険があり、自分の状態に応じて適切な保険に入ることは非常に難しい選択となります。しっかりと保険の資料を取り寄せたり、無料相談などをうまく活用して、自分にあった最高の保険を選ぶことが重要になります。

 

保険は特殊な分野であり、高度な知識を必要とします。自分ひとりで考えるのが難しい場合には「無料相談」をうまく活用し、保険の知識がある人と、しっかり情報を共有し選びましょう。

 

「無料相談一覧」はこちら→無料相談一覧比較情報あり

ad

関連記事

PAK85_yoteihyouwotukerubiz500

女性保険に特約は必要なの?

    女性保険とは一般的に、女性特有の病気に対して保障がしっかりし

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad

C845_kamerajyosi500
保険は30代までに入っておきましょう!

保険に入れる限界は? 保険、後から入ればいいや!別に今すぐでなく

GREEN_YA20140125500
妊娠保険について考える

  女性なら妊娠する前に女性保険に入ることをお

PAK85_yoteihyouwotukerubiz500
女性保険に特約は必要なの?

    女性保険とは一般的に、女性特有

PAK82_prezenthaert20130208500
少額短期保険会社(ミニ保険)とは

  少額短期保険会社(ミニ保険)とは 近

妊婦保険
おススメ保険の選び方

お勧めの保険に入っていいの?絶対に必要な保険?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑