*

女性の医療保険

公開日: : 最終更新日:2014/02/06 女性医療保険

女性の医療保険とは

 

女性の医療保険を考える上で、まずはじめに注意したいのは、皆さんも気になる保険料です。保険料は保証によって決まるため一概にいくらというものがありませんが、毎月手ある程度の費用が定期的に掛かるため、家計の負担になることは間違いありません。女性に場合には、主に医療保険を重要としている場いいが殆どです。女性には女性特有の病気が多く存在しており、全体的には女性の方が医療費が高くなる傾向があります。また、女性の多くのは出産や子育てをする可能性があり、もしものときに備えたいそんな方にお勧めなのが、女性専用の医療保険になります。女性のために医療保険は安価で入れるケースが多く、月々1500~入れる保険が多く存在します。「保険はお金が掛かる」といいますが、実際に治療費で困る人があとを絶たないことから、保険が生まれたのもまた事実です。

 

女性の医療保険を考える手順

 

女性の医療保険を考える順序としては、まずは自分が掛かる可能性がある病気を知ることから考えて生きましょう。ガンなどは遺伝するといわれており、実際にそういったケースも多く見られるそうです。ですので、自分の親がガンに掛かった経験のある人は、どの程度の医療費が掛かり、どの程度の苦労をするのか理解しています。そういった人ですと、しっかりと保険に入るケースが多いようです。

よく見かけるデータですが、 日本人の3人に一人はガンに掛かると言うデータがあります。ただし、ガンで死ぬ人は少なく、転移し他の臓器がわるくなりなくなられるので、ガンでの死亡には数えられないようです。ご自身で保険に入られる際には、自分の親に話を聞き、今後自分が掛かるであろう病についてしっかりと話を聞き、保険を考えていきましょう。

 

女性医療保険のメリットデメリット

 

女性の医療保険のメリットとデメリットですが、女性向けの医療保険は基本的に安い。これがメリットになります。確かなデータは開示されていませんが、女性の保険は男性と比べて安くなります。男性は危険の仕事が多かったり、怪我をする確立が高いためだと考えられます。それに比べると女性はおしとやかであり、あまり激しい運動もしないので、医療に掛かることも少ないと考えられているようです。

 

また、周知の事実ですが、女性の方が寿命が長い、これはまさしく女性の方が頑丈である事実です。保険のデメリットですが、掛け捨ての保険に入った場合、支払った保険料は帰ってきません。これはどこの保険でも起こることですが、保険は小額を払い、大きな費用が発生したときのリスクを防いでくれるものです。どうしてもこのデメリットは避けられません。

 

 

「無料相談一覧」はこちら→無料相談一覧比較情報あり

ad

関連記事

lgi01a201312141300

帝王切開でも保険が使えます。

保険が使えるって知らない人多すぎ! 帝王切開でも保険が使えます。   これに関し

記事を読む

GREEN_YA20140125500

妊娠保険について考える

  女性なら妊娠する前に女性保険に入ることをおすすです!健康だから大丈夫!と

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad

C845_kamerajyosi500
保険は30代までに入っておきましょう!

保険に入れる限界は? 保険、後から入ればいいや!別に今すぐでなく

GREEN_YA20140125500
妊娠保険について考える

  女性なら妊娠する前に女性保険に入ることをお

PAK85_yoteihyouwotukerubiz500
女性保険に特約は必要なの?

    女性保険とは一般的に、女性特有

PAK82_prezenthaert20130208500
少額短期保険会社(ミニ保険)とは

  少額短期保険会社(ミニ保険)とは 近

妊婦保険
おススメ保険の選び方

お勧めの保険に入っていいの?絶対に必要な保険?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑